立花道雪

この記事は約2分で読めます。

生没年

  • 1513~1585

名前

  • 八幡丸 (はちまんまる、幼名)
  • 戸次 鑑連(べっき あきつら)
  • 戸次 道雪(べっき どうせつ)1562~
  • 立花 道雪(たちばな どうせつ)

立花道雪 人物解説

  • 豊後守護職である大友氏の重臣
  • 高橋紹運の長男である立花宗茂を婿養子に迎える
  • 毛利氏、龍造寺氏、島津氏と戦う

父母血縁

父母祖父母曾祖父母
立花道雪戸次親家戸次親宣_
_
__
_
由布惟常娘由布惟常_
_
__
_

年表 ( 立花道雪 略歴 )

所在出来事
15134豊後戸次親家(べっき ちかいえ)の次男として生まれる
1526豊後元服し、戸次氏の家督を継ぐ
15502豊後二階崩れの変(にかいくずれのへん)
大友家の内紛が起こり、主君の大友義鑑(おおとも よしあき)が死去する
大友義鎮(宗麟)を支持し、義鎮の大友氏家督相続に尽力する
1558~1562豊前門司城の戦い(もじじょうのたたかい)
毛利元就の軍と門司城をめぐり、数度にわたって戦う
15624豊後剃髪し、麟伯軒(りんぱくけん)道雪と号す
15679筑前休松の戦い(やすみまつのたたかい)
休松城の周辺にて秋月種実の軍と戦う
夜襲をうけ、多くの一門や武将が討死する
1569筑前多々良浜の戦い(たたらはまのたたかい)
立花山城をめぐり毛利元就の軍と戦う
15709筑前今山の戦い(いまやまのたたかい)
龍造寺領である肥前に侵攻するが、鍋島直茂の奇襲を受け敗北
1571筑前立花家の名跡を継承し、立花山城主となる
1581筑前高橋紹運の嫡男である高橋統虎(たかはしむねとら、後の立花宗茂)を婿養子に迎え、家督を譲る
158511筑前病死 享年73

著名子孫

    • 立花 誾千代(たちばな ぎんちよ、一人娘)
    • 立花 宗茂 (たちばな むねしげ、婿養子)
スポンサーリンク
デル株式会社
タイトルとURLをコピーしました