今川義元

この記事は約2分で読めます。

生没年

  • 1519~1560

名前(幼名、改名等)

  • 芳菊丸(幼名)
  • 栴岳承芳(せんがくしょうほう)
  • 今川 義元(いまがわ よしもと)1536~

今川義元 人物解説

  • 駿河守護今川氏親の四男?として出生
  • 今川氏は足利将軍家の征夷大将軍継承権を持つ吉良氏の庶流
  • 祖母は北条早雲の姉北川殿
  • 師であり軍師であった太原雪斎(たいげんせっさい)に助けられた
  • 駿河、遠江、三河に勢力を拡大
  • 尾張侵攻の際、桶狭間にて織田信長の奇襲を受け討死(桶狭間の戦い)

父母血縁

父母祖父母曾祖父母
今川義元今川氏親今川義忠今川範忠
上杉氏定娘
北川殿
北条早雲
伊勢盛定
_
寿桂尼中御門宣胤中御門明豊
_
__
_

年表( 今川義元 略歴 )

所在出来事
1519駿河今川氏親の四男?として生まれる
1525頃栴岳承芳(せんがくしょうほう)と称し仏門に入り、太原雪斎と共に京に上る
15364駿河兄の当主今川氏輝が急死 次兄の彦五郎も同日に死去
1536駿河還俗して今川義元を名乗る
15366駿河花倉の乱(はなくらのらん)
庶兄の玄広恵探と家督を争い勝利する
1536~1545駿河河東の乱(かとうのらん)
相模の北条氏と富士川以東をめぐり戦う
1549~1551三河三河をほぼ制圧
1554甲相駿三国同盟(こうそうすんさんごくどうめい)
甲斐の武田信玄、相模の北条氏康と婚姻関係を結び、同盟を締結する
1557駿河義元の姪である築山殿(つきやまどの)と松平元信(徳川家康)が結婚する
1558駿河隠居し家督を嫡男の今川氏真に譲る
15605尾張桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)
尾張に侵攻するが桶狭間にて織田信長の奇襲を受け討死 享年42

著名子孫

    • 今川 氏真(いまがわ うじざね)

著名家臣

  • 家臣
    • 太原 雪斎(たいげん せっさい)
    • 朝比奈 泰能(あさひな やすよし)
    • 朝比奈 泰朝(あさひな やすとも)
    • 岡部 元信(おかべ もとのぶ)
スポンサーリンク
デル株式会社
タイトルとURLをコピーしました