陶晴賢

この記事は約2分で読めます。

生没年

  • 1521~1555

名前

  • 陶 隆房(すえ たかふさ)
  • 陶 晴賢(すえ はるかた)1552~

陶晴賢 人物解説

  • 周防長門(すおうながと)の守護大名である大内氏の重臣
  • 大寧寺の変(たいねいじのへん)を起こし、主君の大内義隆を自害させる(1551年)
  • 厳島の戦い(いつくしまのたたかい)で毛利元就に敗れ、自害する(1555年)

父母血縁

父母祖父母曾祖父母
陶 晴賢
(すえ はるかた)
陶 興房
(すえ おきふさ)
陶 弘護
(すえ ひろもり)
陶 弘房
(すえ ひろふさ)
仁保盛郷娘
__
_
右田弘詮娘右田弘詮
(みぎた ひろあき)
_
_
__
_

年表( 陶晴賢 略歴 )

所在出来事
1521周防大内氏の重臣 陶興房(すえ おきふさ)の次男として出生
1529周防兄 興昌(おきまさ)が死去
1539周防父 興房の死去に伴い家督を相続する
1540~1541安芸吉田郡山城の戦い(よしだこおりやまじょうのたたかい)
毛利元就の援軍として出陣し尼子氏を撃退する
1542出雲月山富田城の戦い(がっさんとだじょうのたたかい)
尼子氏の本拠である月山富田城を攻めるが撤退する
月山富田城攻めの失敗により、武断派であった隆房の大内家での影響力が弱まる
周防主君である大内義隆の側近で文治派の相良武任(さがら たけとう)と対立する
1545周防相良武任を隠居に追い込み、大内家の主導権を回復する
15519長門大寧寺の変(たいねいじのへん)
謀反を起こし、長門の大寧寺に籠った大内義隆を自害させる
1552周防大友氏出身で義隆の甥である大友晴英(大内義長)を当主として擁立する
陶 晴賢(はるかた)と改名する
155510安芸厳島の戦い(いつくしまのたたかい)
安芸の厳島に侵攻するが毛利元就の奇襲を受け敗退する
村上水軍によって退路を断たれ自害 享年35

著名子孫

    • 陶 長房(すえ ながふさ)
      晴賢の嫡男

主君 著名家臣

  • 主君
    • 大内 義隆(おおうち よしたか)
    • 大内 義長(おおうち よしなが)1552~
      大友 晴英 義隆の甥で養子、大友宗麟の弟
スポンサーリンク
デル株式会社
タイトルとURLをコピーしました